ごあいさつ

当事務所は、横浜市関内の横浜スタジアムに面した大さん橋通り沿いのビル内にあります。

事務所の設立は2002年10月で、現在、弁護士4名、事務局2名のスタッフで運営しています。

当事務所の栗山博史、野呂芳子の2名はいずれも弁護士登録25年を超えるベテランで、これまで民事事件・家事事件・刑事事件・少年事件など、多種多様な事件を扱うとともに、神奈川県内外の他の弁護士と一緒に闘う弁護団事件にも積極的に取組んでまいりました。また、神奈川県内に法律事務所を持つ全ての弁護士が加入している「神奈川県弁護士会(旧:横浜弁護士会)」において、各種委員会活動などに積極的に関わり、役職を担うことなどを通じて、弁護士会内でも一定の評価をいただいているものと自負しております。

弁護士は、相談者・依頼者の方々のお話をまずはしっかりお聞きし、豊富な経験に基づいて、どのようにすれば相談者・依頼者の方々の最善の利益にかなうのかを第一に考えながら、法的アドバイスや事件処理をさせていただいております。

2019年5月に中里勇輝弁護士が、2021年1月には堀川なつき弁護士が加入したことにより、皆様の幅広いニーズにより一層お応えできるものと思います。

どうぞ、まずは気軽にご相談下さい。気になる費用の点につきましても、丁寧にご説明させていただきます。

お知らせ

【2022年12月14日】 NEW
【年末年始のお知らせ】
年末年始は、下記期間、休業いたします。
2022(令和4)年12月29日(木)~2023(令和5)年1月5日(木)
2023(令和5)年1月6日(金)から通常業務を行いますので、よろしくお願いいたします。

【2022年12月14日】 NEW
「弁護士の事件簿・コラム」のページに、
栗山 博史弁護士「「いじめ」の定義は何のために?」を掲載しました。

【2022年11月11日】
「弁護士の事件簿・コラム」のページに、
堀川 なつき弁護士「破産するにもお金が必要?」を掲載しました。

【2022年10月11日】
「弁護士の事件簿・コラム」のページに、
中里 勇輝弁護士「ファウルボールにご注意下さい」を掲載しました。

【2022年9月7日】
「弁護士の事件簿・コラム」のページに、
野呂 芳子弁護士「民事執行法改正後の状況について」を掲載しました。

・上記以前のお知らせは こちら >>>