映画

数年ぶりのブログです。

9月27日に、草彅剛さんがトランスジェンダーを演じた「ミッドナイトスワン」を見てきました。

 チラシ等から、「美しくも切なく、涙が出るストーリー」を予想していきましたが・・・・・そんな生易しいものではありませんでした。視覚的にも心情的にもかなり凄惨なシーンもあり、終わった時は、あまりに辛く心に刺さってしまい、自分がどのような感想を持ったのかも整理できない状態でした。

 しかし、見終わってから10日間、ずっとあの映画の様々なシーンが頭にこびりついて離れません。また、見ていたときは圧倒されて泣くどころではなかったのに、1週間経ってから、色々なシーンが心に蘇る度に、ボロボロ泣けてくるようになりました。映画も本も、二度見はしない主義ですが、「ミッドナイトスワン」だけは、もう一度見に行こうと心に決めています。賛否もあるようですが、是非多くの方に見てほしい映画であると思っています。 

弁護士 野呂芳子