日々の出来事 …ブログ

2016年

時代に翻弄された少年たち

『クアトロ・ラガッツィ』という本を読みました。イタリア語で「4人の少年」、副題は、「天正少年使節と世界帝国」です。美術史家である故・若桑みどり氏の大作です。

天正遣欧使節といえば、日本史の教科書では、伊藤マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアンという名前を教えられますが、個々の人物像は殆ど知らなかったので、興味をもって読みました。ビジネス界随一の読書家であり歴史に造詣の深い出口治明氏(ライフネット生命)がその著書で紹介していたのが読み始めるきっかけでした。

1582年、織田信長の時代に九州の大名のもとから派遣された十代前半の少年たち。命を失うかもしれない大航海を経てローマ法王などに謁見し、8年余りの歳月を経て日本に戻ってくるのですが、日本を発った直後に信長は暗殺されており、不運にも、彼らが戻ってきた日本は秀吉治世のキリシタン禁制の真っ只中でした。16世紀半ばから17世紀初頭までのヨーロッパやわが国の状況が、高山右近などキリシタン大名や宣教師等を通して詳細に描かれ、著者の海外文献の調査能力や独自の視点に圧倒されます。

鎖国完成に至るまでのキリシタン弾圧と殉教・棄教の状況が具体例を通じて克明に描かれて、クライマックスでは4名が辿った人生を、4名一人ひとりに焦点を当てて、最期まで丁寧に描いてゆきます。中浦ジュリアンが穴吊りの拷問に耐えて殉教し、人生を全うしてゆく描写には、言葉にならない感銘がありました。

彼らが戻ってきた日本の状況が違っていたら彼らの人生も全く違っていたであろうに、と思うと運命は残酷ですが、このような受難の人生こそが神が与えた試練なのでしょうか。

大河ドラマ『真田丸』が人気ですが、同じ時代、別の場所にスポットライトを当てると感じるものも違います。改めてよい本と出会ったことに感謝です。

弁護士 栗山博史


美術館に行ってきました

この夏、六本木の新国立美術館で開催されていたルノワール展と、横浜美術館で開催されていたメアリー・カサット展に行ってきました。

ルノワールは、私が小学生で油彩画に目覚めたときに(一時目覚めただけでそれ以来無縁ですが…)初めて画集を買ってもらった画家で、そのときに画集で眺めていた絵と三十数年ぶりに邂逅したという感じで、しずかな感動を覚えました。

オルセー美術館の『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』(左)とか『ピアノを弾く少女たち』(右)を初め、晩年の裸婦画など、こんなにルノワールを堪能できる機会は滅多にないと思えるほどの充実した展覧会でした。チケットは前から買ってあったのだけれど、訪れたのは、ちょうど展覧会が終わる2日前でした。もっと早く行っていれば、もう1度行けたかな、と思うと残念でした。

 「ムーランドラギ...」の画像検索結果   「ピアノを弾く少...」の画像検索結果

メアリー・カサットは、ルノワールと同じく印象派の画家で、母子など家族の人物画に定評があります。19世紀に21歳で米国から渡仏した女流画家です。男性の画家ばかりだったこの時代、単身、パリに飛び込んで行くのですから、とても勇気のある人なのだと思います。ドガと深い交流があったようです。私は、原田マハの『ジヴェルニーの食卓』という、印象派の画家を中心とした短編集でメアリー・カサットを知りました。覚悟をもった人としての強さの反面、幼い子どもに対するやさしいまなざしを感じます。

「メアリーカサッ...」の画像検索結果「メアリーカサッ...」の画像検索結果

        『母の愛撫』           『浜辺で遊ぶ子どもたち』

ほんの僅かな時間でしたが、幸せな気分になりました。

弁護士 栗山博史


とっても悲しい・・・

今日の神奈川新聞に、衝撃のニュースが・・・。

『神奈川新聞花火大会をしばらく休止する』

本当にショックです~。

毎年8月1日(最近は日付変動)に開催される横浜では一番(おそらく)規模の大きな花火大会です。毎年、どれだけ楽しみにしていたか。

それが来年からは行われないということです。

理由は、安全の確保、花火を見る場所の確保が難しいなどなど。

今年、見に行った花火が最後だったなんて・・・。今年の花火は、すごく豪華だったんです。説明するのは難しいですが、数が多かったように感じたし、色も多色使いですごくきれいでした。みんなで今年のはすごかったよね~と話していたのに。

花火大会は、夏の楽しみです。なんとかまた開催して欲しいです。

事務局A


クリアボトル

『クリアボトル』をご存知でしょうか。

巷ではひそかなブーム(?)らしいですよ。

温かい飲み物、冷たい飲み物どちらも使える透明のプラスチックの水筒といえばわかりやすいかな。昔からアウトドアショップでは売っていましたが、ここにきてかわいいデザインが出たらからでしょうか、『売れています』ということです。

飲み物だけではなく、パスタを入れたり、お菓子を入れたりして保存容器としても使えるそうです。

となると、水筒好きとしては買わなきゃな~。低価格で、デザインのかわいいものがいいな・・・

 

ゲットしました!

300円ショップにて。価格よし!!!色よし!!!容量よし(500ml)!!!

20160729_112516

(今日は、緑茶パックが入っています。)

熱いお湯を入れて、ふたを閉めても変形しません。すご~い!

保温・保冷効果は無いので、じわじわと常温になります。その間にお茶葉からうまみが出ておいしいお茶になっているような気がします。

仕事の合間に飲むものは常温でいいんです。だから『いいもの』をゲットしました。(お茶を入れに何度も席を立つのがめんどくさいとき、ありますよね・・・)

事務局A


夏休み

横浜は、涼しい日が続いています。

このまま秋になればいいのに・・・

 

さて、8月から9月上旬までの間に、弁護士は個々に夏休みを取ります。(事務所は、カレンダーどおりあけております。)場合によっては、すぐに弁護士と連絡がつかないことがあります。お急ぎのご相談、ご質問などありましたら、お早めにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

事務局A