日々の出来事 …ブログ

2014年

台風が来てる~

こんにちは。

台風が直撃している関東です。

昨日(日曜日)の夜に、弁護士から「明朝は台風がくるから様子を見て安全に出勤」というメールが来て、朝はゆっくりでいいのか~。と思っていたのに、朝起きたら、ちょっと強めの雨程度・・・。その程度では、仕事は休みにはならない。電車も止まっていない。ということで、(これから強くなってくるのは間違いないからと思い、)いつもより少し早めに出勤しました。バスのお客さんも歩いている人も少なかったので、お休みか午後出勤なのでしょうか。非常に強力な台風と報道されているくらいだから、無理をしないのが一番です。

午後には横浜周辺は雨がおさまってくるという予報です。

今日は、事務所でおとなしく仕事をしていようと思います。

事務局A


夏の終わり

先週から昨日にかけて、急に涼しくなり、夏がもう終わってしまうのか、と寂しくなりました。今年の夏休みは、遠出の旅行をすることもなく、飛び石で休みをいただき、音楽を聴いたり、読書をしたり…という、まったり夏休みでした。

ちょっと振り返ってみますと…

☆クリス・ハートのコンサート@NHKホール

 J-POPの名曲やオリジナル曲を約3時間聴かせてくれるという充実したコンサートでした。Kiroroの『未来へ』とか、中島みゆきの『糸』とか、木内裕作の『home』とか、やっぱり名曲です。外国人がここまできれいにJ-POPを歌い上げてくれるというのは本当にすばらしい。スペシャル・ゲストとして、同じ事務所の先輩というMay J が登場して、『アナ雪』を歌ったり、なかなか盛り上がってました。クリスは本当に歌がうまいですし、徳永英明や稲垣潤一のようにクセがないので、聴きやすい。今後も頑張ってほしいボーカリストの一人です。

☆小田和正のコンサート@横浜アリーナ

 66歳という年金世代なのに、なんだ、相変わらずのこのクリスタルな歌声は!?。しかも、会場を走り回っているし…。オフコース時代の「愛を止めないで」「YES・NO」などは、40代後半のおじさんとしては懐かしくて思わず歌ってしまいました。

 小田さんは、やはりギターよりも、ピアノ弾き語りですね。弾き語りの「言葉にできない」は最高でした。ただ、残念なのが、最近の曲の歌詞に深みがない、というか…。小田さんは詩人というより、やっぱりメロディーメーカー。曲が良いので許します(偉そう(>_<)) あの歌唱力・歌声はいつまで続くんだろう。ある意味、化け物です。

☆STAND BY ME ドラえもん(映画)

 いつも聴いている秦基博くんが主題歌『ひまわりの約束』を歌っているし、3Dだし、大人でも泣けるという前評判に釣られて観に行きました。昔マンガで読んだストーリーが盛りこまれてて、すごく懐かしかったんだけど、しかし、泣けはしなかった。感受性が鈍っているのかな?秦くんの歌もエンドロールで流れるだけだったし…。残念。

☆この夏に読んだ本で良かったのは、『教誨師』(堀川惠子著)と『楽園のカンヴァス』(原田マハ著)。

 Δ前者は、死刑囚に向き合う教誨師を長年してきた浄土真宗の住職(故人)からインタビューしたものをまとめたものです。宗教家は、人が善く生きるように導くはずなのに、教誨師は、死にゆく人の精神を救うという仕事です。一人の人間である死刑囚と向き合えば向き合うほど、この人に生きてほしいと強く思うこともあると思います。しかし、その人を決して生かすことはできない、そういうジレンマを抱えた中で、できることを淡々と実践してゆく。これは大変な仕事だと思いました。死刑囚に接する際に、説教する・されるという上下関係から、住職自身が、自分も(アル中で苦しみ)悩める人間だと打ち明け、同じ目線で接するようになってから、死刑囚と自然に話ができ、わかり合えるようになったということです。私たち弁護士も、依頼者・相談者を導くとされる職業なので、つい「上から目線」になりがちです。強く心に留めなければならないと思いました。

 Δ後者は、アンリ・ルソーの絵画『夢』を巡るミステリー。絵画が真作か贋作かを、ルソーをめぐる19世紀の物語を読んで鑑定するというもので、絵が好きな人にはなかなかおもしろいと思います。4年ぶりのオルセー美術館展のチケットをかなり前に買ったまま、まだ行っていませんが、早く行きたくなりました(今回は印象派展なので、4年前と違ってルソーは来ていないと思いますが…)

 というような感じで、よい感じで息抜きできた夏休みでした。

 涼しい秋は、クラシック音楽のコンサートに行くのを励みに、仕事に邁進したいと思います。 

 弁護士 栗山博史 


2014年の夏

暑い・・・

暑い・・・

暑い・・・

数ヶ月前、今年は冷夏だといっていたのに・・・。

天気予報で、連日、最高気温33度、34度を見ていると、30度の日は、今日はすごしやすかったんだ~なんて思いますが、30度だって相当暑いです。熱中症で体調が悪くなる人が多いこの時期、エアコンを上手に使って、乗り越えましょう!

 

なんとか今年の夏も楽しく乗り切るため、先日、ちまたで話題のパンケーキのお店『bills(ビルズ)』に行ってきました。初『bills』です!

パンケーキなんて、どれも同じでしょ!と思っていたのですが・・・むむむむむっ!!!!!おいしかったです。他のとどう違うのかといわれると、たぶん好みもあると思いますが、しっとり、ふわっと、甘いけど甘くない、リコッタチーズとフルーツの絶妙さでしょうか。パンケーキだけじゃなく、食事もしてみたかったので、いろいろ食べられる「コース」にしました。前菜も、パスタも、メインのお肉もどれもこれもおいしかったです。写真を撮ろうと思っていたのに、食べ終わった後に思い出しました・・・。よくあることです・・・。

私が行ったお店は、横浜・みなとみらいの赤レンガにあります。平日の仕事帰りでしたが、並ばず、すぐに入れました。週末は行列覚悟だというので、やはりお勧めは平日です。

billsといえば、『世界一おいしい朝食』というのが有名ですが、世界一おいしいって、どんなものなのでしょうか?いつか行ってみたいな~。

事務局A


弁護士が1名、加入いたしました。

7月1日付で、大村俊介弁護士が、当事務所に加入いたしました。

当事務所としては、2006年に野呂弁護士が加入して以来の増員です。

加入が決まったことを弁護士から聞いて、急いでお迎えする準備をしていました。あれもしなきゃ、これもしなきゃ、それもしなきゃ・・・。夜、寝しなに、しなきゃいけないことを急に思い出しメモをしたりするバタバタした毎日でした。まだ準備しなければならないことはたくさんありますが、昨日から、大村弁護士は執務を開始いたしました。

2002年に弁護士2名、事務員2名から始まり、現在は弁護士4名、事務員2名になりました。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

事務局A


成長した少年

本日,少年刑務所に服役している元少年と面会してきました。

重大事件を犯して長期間の実刑に処せられ,収監されてからまもなく6年になります。

中学もまともに通っていなかった少年ですが,服役中に通信制の高校課程を修了し,その他にも勉学や読書に勤しんできました。

わずか30分の面会時間ですが,今日は,自分の更生に対する決意のみならず,被害者に対する償い,家族や周囲で支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを心を込めて話していました。会うたびに成長を感じ,うれしくなります。

将来いつか社会復帰する日がきます。彼ならきっと更生できると確信していますが,社会では自立を求められ,厳しいのも現実です。日々,罪と自分に向き合い,さらに強くなっていってほしいと思います。

弁護士 栗山博史