弁護士 野呂 芳子 (のろ よしこ)

経歴
  • 1981年  神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒業
  • 1985年  慶應義塾大学法学部政治学科卒業
    旧日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)入行
  • 1990年  同行退職
  • 1994年  司法試験最終合格
  • 1997年  弁護士登録(神奈川県弁護士会)以後、
    2006年3月まで市民総合法律事務所に在籍
  • 2006年 4月  大さん橋通り法律事務所に移籍
主な弁護士会活動
  • 神奈川県弁護士会高齢者・障害者委員会委員
  • 神奈川県弁護士会人権擁護委員会委員
  • 神奈川県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員(現委員)
  • 神奈川県弁護士会刑事弁護センター運営委員会委員
  • 神奈川県弁護士会人事委員会委員(現委員)
  • 神奈川県弁護士会綱紀委員会委員
所属任意団体
  • 青年法律家協会
外部団体
  • 全国健康保険協会神奈川支部評議会評議員(議長代理)
  • 神奈川県立保健福祉大学人権・倫理委員会委員
  • 横浜市墓地等設置紛争調停委員会委員
  • 横浜市介護保険運営協議会委員
  • 横浜市地域包括支援センター運営協議会委員
  • 横浜市不正防止内部通報及び特定要望記録・公表制度委員会委員(現委員)
これまで扱った
主な事件
  • 【民事】
    相続、遺言、成年後見、離婚、土地・建物、交通事故、任意整理、
    個人再生、破産など
  • 【刑事】
    起訴前弁護、刑事公判、刑事告訴、犯罪被害者支援活動など
特技
  • 剣道3段
弁護士としての
姿勢
  •  弁護士を探す、相談するという時点で、多くの方は、「まさか自分が弁護士に頼むことになるなんて……」と途方に暮れたり、不安を感じたりされているのではないでしょうか。
     まずは、そうした不安やつらいご心情に寄り添い、お話をよく伺い、依頼者の方と共に、最もよい解決方法を探していきたいと思います。
     「離婚」「交通事故」「相続」等、弁護士が扱う事案は多数ありますが、どのような事案も、その方にとっては、人生の一大事です。 全ての事案について、「多くの事案の中の一つ」ではなく、「たった一つだけの大切な事案」と考えて、常に業務にあたっています。