弁護士 井上  泰 (いのうえ やすし)

経歴
  • 1985年  神奈川県立生田高等学校卒業
  • 1986年  専修大学法学部法律学科入学
  • 1990年  専修大学法学部法律学科卒業
  • 1994年  司法試験最終合格
  • 1995年  最高裁判所司法研修所入所(第49期司法修習生)
  • 1997年 4月  弁護士登録(神奈川県弁護士会)山本安志法律事務所入所
            2002年9月まで山本安志法律事務所で執務
  • 2002年 10月  栗山博史弁護士とともに大さん橋通り法律事務所開設、
            現在に至る
主な弁護士会活動
  • 神奈川県弁護士会子どもの権利委員会委員
  • 神奈川県弁護士会刑事弁護センター運営委員会副委員長(2014~)
  • 神奈川県包括外部監査委員補助者(2014年度)
  • 神奈川県弁護士会消費者問題対策委員会委員
所属任意団体
  • 青年法律家協会
  • 神奈川医療問題弁護団 等
これまで扱った
主な事件
  • 【民事】
    相続・遺言、離婚、土地・建物、金銭消費貸借、交通事故、医療過誤、
    学校事故、消費者被害、任意整理、破産等
  • 【刑事】
    起訴前弁護、刑事公判、少年事件
趣味
  • 単車・車
  • 音楽活動
弁護士としての
姿勢
  •  1997年に弁護士としての仕事を始めてから約20年の月日が過ぎようとしています。
     これまで遺産分割や離婚等の家事事件、貸金請求や請負代金請求訴訟、交通事故や医療事故などの一般民事事件や国選私選を問わず数多くの刑事・少年事件を手がけてきました。
     また、ココ山岡事件や愛染苑山久被害救済事件などのクレジット系の大型消費者事件の弁護団や中国残留孤児の救済や原爆症認定訴訟などのいわゆる「政策形成訴訟」などにも加わって活動してきました。弁護士会では現在刑事弁護及び子どもの権利関係の委員会に所属しています。
     弁護士になったときの初心を忘れずに、依頼者の気持ちに寄り添いながら筋のとおった事件の解決を図ることを目的として仕事に勤しんでいます。そのために相談される方のお話をじっくりと聞くことと、積極的に足を運ぶことを心がけとしています。
     法的な問題を抱え、相談に訪れる方が納得のいく結果を得られるように、これからも精力的に活動をしていきたいと思います。