さくら

                                 

今年の桜は、あまりに早く咲きすぎてしまい、桜を愛でる心の準備ができていませんでした。

3月は、半ばに確定申告があるため、例年、後半までとても忙しいのが普通です。一方、3月最終週から4月の第一週にかけては、裁判所の人事異動があるため、裁判の期日があまり入っておらず、ここで一息つけることが多いのです。

その頃に咲いてくれると、しかも、青い空のもとに咲いてくれると、また廻り来た春をかみしめつつ、空に映える桜をしみじみと眺められるのですが・・・

今年はまだ心の余裕がない忙しい時期に咲き、しかも曇天が多く、桜が咲いているのが視界には入っても、琴線に触れないまま、散ってしまいました。美しい時は、いつも、かみしめるまもなく、過ぎ去っていきます。

これから初夏を迎えます。私の好きな季節です。桜の分まで、新緑を堪能したいと思っています。

                                                   弁護士   野 呂 芳 子